尿酸値対策すら知らなかったわたしの他人には教えたくない尿酸値対策

尿酸値対策すら知らなかったわたしが1ヶ月前から尿酸値対策でやった事、
そして、今のところ生ビールくらいなら飲んでいても大丈夫になった対策をご紹介します。

はじめに、生活習慣病に関して述べますが
どうぞ、5分ほどお付き合い下さい。

生活習慣病についてですが、生活習慣病というフレーズを聞いたことがあるという方は少なくないのではないでしょうか。

生活習慣病というのは一体どんな病気なのかというと、日頃の生活でよくない生活の習慣を積み重ねていった結果、それが原因になって生活習慣病は起きてしまうといわれています。

現在、日本人の全体の3分の2の人が生活習慣病で死亡しているという結果もありますから生活習慣病の予防には十分注意した方がいいですよね。

生活習慣病といってもさまざまな種類があるのですが
ここでどんな病気が生活習慣病なのかご紹介したいと思います。

まず生活習慣病としては糖尿病、脳卒中、心臓病に高脂血症も生活習慣病になります。
それから他には、高血圧や肥満といったものも生活習慣病の中に含まれます。
これらの原因に食生活の偏りが大きく作用しますが
もう一つ忘れてはならないのが「痛風」ですね。

生活習慣病は気をつけなければ大きな病気に発展することもありますから、毎日の生活や食生活から生活習慣病にならないため色々と工夫をしておく必要があります。

睡眠不足が続いたり、食生活が偏ったものばかりを食べているといった人の場合には、生活習慣病になりやすいといわれていますから、生活習慣病にならないためにも、規則正しい生活をして食生活についても十分に気をつける必要があります。

では、痛風と聞くとよく言う「これはダメ!」という食品がありますね?
卵や魚とかレバー等ですが、その食品に多く含まれるプリン体を多く摂ると
尿酸値が上がり痛風になると言われています。

私が言われたものを具体的に言うとタラコや納豆もよくないと
医者に言われました。

よく贅沢病だとか言われますが、そういうことでは無いのですね。
贅沢というより「栄養価の高いもの」を摂り過ぎないように。と
いうことなんです。

とはいえ、なってしまったなら病院に行くしかありませんが
痛くなるたびに行っていると・・・。

終いには医師に

「食を気を付けずに、もう一度来院するようなら次は診ませんよ」と言われてしまいました。(汗)

大好きなビールをプリン体ゼロのものに変え
タラコや納豆もひかえていますが、体質上のものもあるのでは?と
思っているのですがプリン体自体が悪いわけでもないんですね。

そこはご存知かと思いますが、さきにあげた食品が悪いものではないということは解りますよね?
では尿酸値が上がらないようにするには他に何をすれば良いか?について
ご紹介していきたいと思います。

イミダペプチドとは?

長時間連続した運動をする生物はご存知でしょうか?

例えばマグロは止まったら死んでしまうと言われていますね。
ずっと海中を泳ぐ連続運動をしています。つまり回遊魚が1つですね。

あとは鳥類もそうですが、特に渡り鳥は何千キロをも飛んできますね。

こういった生物の骨格筋中に含まれているのが「イミダペプチド」と言います。
イミダペプチドとはイミダゾール基を有するアミノ酸結合体の総称を言うんですね。

ですが、こんな聞いたこともないものを摂取すれば尿酸値対策に良いとしてもどうすれば?
というのがこちらになります。


尿酸値対策サプリメント-慈凰

ジーサックスホールディングスプログラム

こちらの慈凰には、高品質な海洋性アンセリンが多く含まれています。

しかも、鳥類から取ったイミダペプチドでは鳥インフルエンザの危険性もあることから
海洋性アンセリンのイミダペプチドなんですね。

この危険性のないイミダペプチドをギュっと凝縮させた慈凰なら
尿酸値対策にうってつけなサプリメントなんです。

もう医者に行って「また来る事のないように」なんて言われないよう
この慈凰で尿酸値対策をしています。

尿酸値が気になる、又は既に私のように対策をしなくてはならないなら
慈凰について、詳しく見ることをおすすめ致します。

PR:『慈凰』初回20%オフ!1か月分無料も!

健康サプリメント慈凰

コメント